2019年11月12日

ペットボトルで、猫の湯たんぽつくり


こんにちは!HIRACCHIです。

今日は、ペットボトルで簡単、猫の湯たんぽをご紹介します。皆さんが飲む飲料のペットボトルを捨てないで使います。

お湯の温度は、大体50~60℃で、ペットボトルは耐熱性の物を使います。

お湯を入れたペットボトルを、ペットボトルや使わなくなった靴下などでカバーをし、猫ベッドに置いておくだけです。

これから寒くなる時期に、猫ベッドに置いておくだけで、十分にぬくぬくを満喫できます。

また、生まれたばかりの子猫を保護した場合に、保温するのにも、もってこいです。

ペットボトル湯たんぽの置く位置は、猫が邪魔にならない位置、隅に置いてあげるとよいですね。

朝夕冷えてくるこの頃、我が家の猫にも、ペットボトル湯たんぽを作ってあげようと思います。
posted by hiracchi at 10:39| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月11日

猫がふみふみする理由

 こんにちは!HIRACCHIです。

我が家の猫もそうですが、何気に前足でふみふみしていることがあります。猫がふみふみする理由には、いろいろあります。

①子猫時代、前足でふみふみしながら母猫のおっぱいを飲んでいた頃の名残のようです。子猫がお腹すいた時、母猫のお乳周辺を前足で
刺激することで、お乳の出を良くしていたようです。

②優位性の主張などマーキングの意味があるようです。猫の足には臭腺があり、ふみふみすることで自分の匂いを対象物に付けようとするようです。飼い主に自分の匂いをつけることで「自分の大切な飼い主だ」と主張しているのです。

③後ろ足でふみふみする場合は、発情期のサインだようです。

ふみふみする猫としない猫の違いは、親離れができている、自立心が育っているかどうかにあります。子猫時代に、しっかり母猫に甘えていた場合は、離乳が進むにつれてふみふみするしぐさをやらなくなります
我が家の猫は、私が横になっていると、お腹の上に乗りふみふみをします。母猫と思っているのか・・・それとも自分のものだとマーキングして

いるのか,猫に聞いてみたいものです。

ラベル:ふみふみ
posted by hiracchi at 11:05| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月08日

猫のゴロゴロ音はどんな気分?


こんにちは!HIRACCHIです。

我が家の猫もそうですが、顎など撫でていると「ゴロゴロ」と喉を鳴らしています。喉を鳴らすにも、色々な気分があるようです。

・気分が良い:飼い主さんに心を満たしていることを伝えている
・子猫気分:喉を鳴らすきっかけは、母猫とのコミュニケーションで、成猫の場合は子猫の名残だそうです。
・要求中:ご飯の催促、遊びの催促などです
・緊張している
・体調が悪いなどです

ゴロゴロ音にも2種類あるようで、通常のゴロゴロ音と特別な音があるようです。この特別な音は、飼い主さんにおねだりなど、飼い主さん
の心を掴ませる音なようです。

「ゴロゴロ・・」音を鳴らしながら、くつろいでいる我が家の猫をみていると、とても癒されます。

ラベル:ゴロゴロ音
posted by hiracchi at 11:29| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする