2019年10月07日

岡山の名所


こんにちは!HIRACCHIです。

今日は、私の住んでいる岡山の名所をお伝えします。日本三大庭園といわれている後楽園について書いていこうと思います。

岡山後楽園は江戸時代の岡山藩主池田綱政公によって作られた庭園です。そこで、後楽園のおすすめ見所について書いてみます。

①延養亭:藩主の居間であったところで、最も重要な場所です。戦災で焼失されましたが、昭和35年に当時最大級の、木材と
     技術で築庭当時の間取りに復元されました。

②能舞台、栄唱間:能舞台の周囲の座敷で、能の見所や、接待の場で作られていたようです。

③花葉の池:大輪の白い花を咲かせる蓮「一天四海」(大名蓮)が夏に見所です

④簾池幹:戦災を免れた、数少ない建物の一つだそうです。池にかかる石橋や、対岸なども往事の姿を今に伝えています。
     この建物からは沢の池越しに見える竹林や曲水など起伏にとんだ景観を眺めることができます。

その他にも、茶畑などいろいろな見どころがあります。後楽園からは、岡山城がちらり見えるところもあります。

お正月には、タンチョウヅルを放すイベントや、夜のライトアップされたりします。

ぜひ岡山に来た際には訪れてみてはいかがでしょうか。







ラベル:後楽園
posted by hiracchi at 11:28| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください